離婚・男女問題

bnr_top02_tel.png

よくある離婚・男女問題のご相談

  • 浮気の慰謝料を浮気相手からどれぐらい取れるのか知りたい
  • 「性格の不一致」だけで離婚できるのか
  • 夫から一方的に離婚を求められたが、離婚後の生活が心配

弁護士に相談するメリットとタイミング

夫婦間でお互いの主張の溝が埋まらない場面においても、弁護士が、着地点の目標をお伝えすることによって、今後の生活の見通しを立てて頂くことができます。当事者同士で話がまとまらず、調停に進む場合には、不利な条件で妥協しないよう、貴方の意見を適切に調停員に伝えるため、弁護士の同席をお勧めしています。

知っておきたい豆知識「離婚・男女問題編」

養育費について

養育費の不払いがあり、給料等の差し押さえをするには、裁判所の調停証書、公正証書、判決などが必要です。当事者間で離婚の合意書を作っても、その合意書だけをもとに給料等の差押えをすることができません。差し押さえするには、あらためて調停を起こしていく必要があるので、ご注意ください。

浮気・不倫に伴う慰謝料請求のケース
  • ご相談内容
どうやら、主人が浮気をしているようだ。離婚までは考えていないが、浮気相手に慰謝料を請求できるのか。
  • 法律相談でのご提案
浮気が原因で離婚となった場合に比べて、金額が低くなる傾向にあります。慰謝料を判断する際、「浮気が原因で家庭が壊されたのか」という点が問われるからです。結婚生活を維持していく場合、100万円前後いったところでしょう。
  • 正式なご依頼を受けて
当初、浮気相手は一切払わないといってましたが、弁護士が訴訟を起こして120万円の慰謝料の判決を取った結果、勤務先の給料の差押えを恐れて、直ちに支払われました。
  • 弁護士の目線
浮気を立証する際には、明らかな証拠が必要になります。仮に調査会社を利用した場合、請求できる慰謝料以上の費用がかかるかもしれませんので、事前に弁護士へご相談されてはいかがでしょうか。ご自分で集められる方法などをアドバイスいたします。
お子さんの親権・養育費のケース
  • ご相談内容
ご依頼者は、お子さんを連れて別居中の男性。いずれ離婚を考えているが、我が子を手元に置いておけるだろうか。
  • 法律相談でのご提案
その可能性が高いと思われます。親権者の判断にあたっては、裁判所は「いま、お子さんが健全に育っているなら、それを壊す必要はない」という見方をします。現状に問題がなければ、現状が優先されるでしょう。
  • 正式なご依頼を受けて
調停離婚を進めた結果、ご依頼者である男性に親権が認められ、養育費の支払いも受けることになりました。
  • 弁護士の目線
親権は母親側に有利とされています。しかし、男性でも、最初からあきらめてしまうのは早計です。仮に親権者になれなかったとしても、お子さんとの定期的な面会交流を取り決めることで、親子の関係を維持していきましょう。一方、養育費の金額については、双方の収入に基づいたいわゆる「算定表」が使われるのが一般的です。もっとも、希望する学校に進ませたい、あるいは音楽などを学ばせたいなどの諸事情があれば、増減が認められるかもしれません。

法律相談のススメ

離婚について双方で合意ができているのならば、速やかに条件面を設定していきましょう。ただし、離婚そのもの、あるいは親権に争いがある場合、金額交渉に入ることすら難しくなります。弁護士は、過去の判例などを参考に今後の見立てをお示しできますので、ご自分がどのような状況にあるのか、確認されてみてはいかがでしょうか。

川崎合同 法律事務所 お問い合わせ トピックス Q&A ケーススタディー 講演・セミナー